夏 抑える 汗 臭い

夏場に汗の臭いを抑える方法

汗や臭いは、夏場とても気になる事だと思います。
夏の夕方に電車に乗ると、汗の臭い、体臭、ホコリと汗が混じったような臭いなど、いろんな臭いが充満していてきついなと思います。

 

汗の臭いは、蚊も好きなのか寄ってくる時があるし、汗を完全に止めるのは難しいので、デオドラントスプレーを全身に振っています。

 

パウダーインのデオドラントスプレーは、パウダーが付いて服が白くなる場合があるので(髪も白い粉が付くし)、私はパウダーの入ってないデオドラントスプレーを、汗をかく前から振っておきます。何もしないよりはマシなのではと思っています。

 

外出用のカバンにも、小型のデオドラントスプレーを入れておいて、汗が気になったら、出先のトイレの個室の中でスプレーを振ったりします。

 

背中などスプレーでひんやりして気分転換できます。いろんな香りのスプレーがあるので、あまり好きでない香りのスプレーを知らずに買ってしまうと、1日なんか嫌な気持ちになります。
好きな香りのスプレーだと気分が良くなるので、香りはアロマ効果もあると実感できます。

 

京都の舞妓さんは、夏でも着物姿で、おしろいがよく化粧崩れしないなと感心しています。前にテレビで、胴体に汗腺を抑える位置があって、そこを紐できつく結ぶと、汗腺が締め付けられ、汗をあまりかかないと聞いたことがあります。

 

しんどそうですが、汗をかかずに美しい舞妓さんでいるためには努力を惜しまないところが素敵です。もともと、汗かきな体質の方は舞妓さんにはならないのかもしれませんが、もし汗かきだったら、すごく、いろいろと努力されてるのだろうと思います。

 

夏は靴の中も蒸れるので、フットスプレーを出かける前に靴の中に振ってから履くとヒンヤリして気持ちいいです。冬は気温が低いせいか、人の臭いもあまり気にならないですが、気温が上がってくるにつれて、気をつけないといけないなと思います。

 

アイスを食べると、しばらくは汗も止まって涼しいような気がしますが、その状態は長くは続かないです。甘さで喉がすごく乾いてくるので、飲み物が飲みたくなってきて、たくさん水分を摂ると、その水分が、またたくさん汗となって出てくるような感じがします。

 

濡れタオルを首の後ろにしばらく当てると、頭が冷えてきて、汗が抑えられると思います。通販や薬局でも、特殊な生地で出来た濡れタオルが販売されていて、濡らして絞ってから首に巻くものでした。

 

広げて頭全体に巻くと、日射病予防にもなるし、汗も抑えられて便利なグッズでした。